植物の世界

太陽の壺 ヘリアンフォラ という面白い植物

ヘリアンフォラ

生態

ギアナ高地に自生する英語名でsunpitcherと言い「太陽の壺」と呼ばれているようです。

特徴

高地で独自の進化をとげた食虫植物です。
葉が円筒に捕虫嚢を形成しています。
葉の先端にあるのが蜜腺です。

てっぺんの赤いネクタースプーンから分泌される蜜には
虫の感覚を麻痺させる作用があり、
それを舐め続けた虫は酔って中に落ちてしまうようです。
筒の内側には毛が下向きに生えていて虫は這い上がることができず滑りやすくなっています。

コメントを残す