世界遺産地理日本生活

私の故郷 杭州(こうしゅう/くいしゅう)

杭州市

私の故郷は「杭州」(こうしゅう/くいしゅう)というところですが、
日本では 「こうしゅう」と呼んでいる方が多いようです。

一般に「こうしゅう」と日本語読みされますが、
広州市との区別が必要な場合に「くいしゅう」と湯桶読みされることがあります。

「杭州」は浙江省の省都であり、
浙江省の省人民政府の所在地でもあります。

中国八大古都の一であり、国家歴史文化名城に指定されている。
13世紀は世界最大の都市であった。

隋代以降、江南運河の終着点として経済文化が発達し、
昔から「上に天国あり、下に蘇州・杭州あり。(上有天堂、下有蘇杭。)」
とたたえられてきました。

また、五代十国の時代、呉越国の都となり、南宋時代には事実上の首都、臨安府が置かれました。
市中心部の西には世界遺産の西湖という湖があり、国の内外より多くの観光客が訪れます。

最近はG20が開かれたことによって、世界の注目を集めました。

杭州市のwiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/杭州市

私の故郷 杭州(こうしゅう/くいしゅう)” への1件のフィードバック

  1. 西湖以外に、下記の場所もとても有名ですが、
    自分は**西渓国家湿地公園**を一番押しますね〜


    岳廟〜南宋初期、金との戦いに活躍し、徹底抗戦を主張した岳飛の墓がある。
    霊隠寺
    黄龍洞
    浙江省博物館
    浙江自然博物館
    六和塔
    龍井泉
    龍井山園
    虎跑泉
    玉泉
    西冷印社
    宝石山
    雷峰塔
    呉山城隍閣
    宋城
    西渓国家湿地公園
    拱宸橋など

コメントを残す