AI(人工知能)

Googleがビデオ中の対象を認識する機械学習API公開

今日(米国時間3/8)、サンフランシスコでスタートしたカンファレンスでGoogleは新しい機械学習APIを発表した。このAPIはビデオ中の対象を自動的に認識し、検索可能にする。

新しいVideo Intelligence APIを利用するとデベロッパーは ビデオから対象物を自動的に抽出する能力を備えたアプリを開発できる。これまで画像認識APIはクラウド・サービスでのみ利用でき、しかも多くは静止画だけを対象にしていた。しかしGoogleのAPIを使えばデベロッパーはユーザーがビデオを検索して情報を引き出すようなアプリを開発できる。つまりflowerやdogなどのキーワードでビデオを検索できるようになる。

ビデオ中のエンティティの抽出に加えて、このAPIはシーンの転換を認識し自動的なタグづけを可能にする。

ただしビデオそのものはGoogleクラウドに保管されている必要がある。こちらでデモを見ることができる。

デモ

Googleが用意した説明ページのデモでは動物園、Google本社の自転車などを撮影したサンプルビデオにAPIを適用して処理した結果を見ることができる。APIの利用例のサンプルコードも掲載されている。
https://cloud.google.com/video-intelligence/#demo

リンク

http://jp.techcrunch.com/2017/03/09/20170308googles-new-machine-learning-api-recognizes-objects-in-videos/#

コメントを残す